縮毛矯正やストレートパーマのやり方・方法

縮毛矯正やストレートパーマのやり方・方法についてですが、 そもそも縮毛矯正とはクセ毛など根本的な部分を矯正するものであり、ストレートパーマはパーマなどをストレートに戻すという、文字通りパーマの一種なのです。 この両者は施術のやり方や使う道具なども違いがあり、効果も違いますので、クセ毛でお悩みの方はその違いを踏まえた上で縮毛矯正を受けてみてはいかがでしょうか。 基本的な縮毛矯正のやり方は、ストレートパーマ同様に1剤で髪の毛の結合を切断し(通称還元剤)、次に2剤でまっすぐの状態を固定させます(通称酸化剤) ここまでは縮毛矯正のやり方はストレートパーマと変わりませんが、縮毛矯正では1剤の後にアイロンなどによる加熱処理が加わり、これがストレートパーマと縮毛矯正のやり方の大きな違いです。


スポンサードリンク

自宅で手軽に縮毛矯正

最近では自宅で手軽に縮毛矯正ができるグッズや用品が販売され、実際にやった事がある方も多いと思いますが、プロからすれば自分で縮毛矯正を行う事は避けるべきという方も多く、縮毛矯正のやり方を間違うと大変な事になりますので、避けるべきという意見が多いのです。 例えば1剤の湿布は頭皮に付けてしまうと根元から髪が折れてしまう危険がありますし、アイロンをあてる際も髪質や量などによって温度に気をつけなければ髪が傷んだり、切れたりする恐れもあるので、そのような危険性を考えればサロンなどでやるのが無難というのは納得が出来ます。 自宅でできる縮毛矯正関連商品にはやり方を詳しく掲載していますので、どうしても自分でやりたいという方は忠実に縮毛矯正のやり方や注意点を守って行うべきです。

縮毛矯正の長持ちと値段の失敗

縮毛矯正の時間を長持ちさせたい、けれどもお金がない場合によくある値段の失敗はついつい激安であったり、格安というところに はいってしまうことですよね。やはり長持ちさせたい場合には激安や格安と銘をうつところは避けたほうが良いかもしれません。

妊娠中の縮毛矯正

妊娠中の縮毛矯正を気にされる方がいらっしゃいますが、基本的に問題なのは かぶれであったり、縮毛矯正中の長時間座っていることであり、それが大丈夫なら基本的には問題ないと聞きます。 ですが、妊娠中というのは本当にデリケートですし、縮毛矯正をしたい場合は、お医者さんと美容師さんに相談するのが一番ですね。

メンズ男性の縮毛矯正

メンズ男性が縮毛矯正を行うこともそれほど珍しいことはなくなってきました。 ストレートパーマを行う男性はいまではよくみかけるほどです。ただ男性と女性では髪の長さなどの基本条件がことなるので、 男性用、メンズ用の縮毛矯正を行っている美容室に行くのが確実ですね。

縮毛矯正後のアフターケア

ストレートパーマや縮毛矯正のやり方も大切ですが、どちらも髪にダメージを与える施術には変わりありませんので、アフターケアはとても重要となります。 アフターケアなどの面から言っても、やはり自宅でやるよりプロにお任せした方が無難かもしれませんね。

スポンサードリンク