スカルプのやり方・作り方

スカルプの作り方ややり方を覚えれば、付け爪とは違い自爪を活かした方法なので、ネイルサロンだけでなく、自分でも出来るとあって、人気となっています。 ネイルのスカルプは爪が弱い方にもおススメですが、アクリルの接着を良くするために自爪を削る必要があり、さらに自爪は短いほうがスカルプが長持ちしますので、短く切る必要もあります。 スカルプのやり方は、インターネットなどで掲載されているものを見ると、どれもバラつきがあり、はっきり言って言葉だけでは理解しにくいものばかりですので、一様にスカルプの正しいやり方というのを説明するのは困難ですが、スカルプにはスカルプ専用の道具が必要となるようです。 また、スカルプのやり方は、スカルプのアクリルネイルを販売しているメーカーによって、やり方の説明に若干の違いもありますし、ネイルスカルプに必要なプライマーを不要とするアクリルネイルを販売しているメーカーもあります。 しかしながらスカルプのやり方では、どれも共通して自爪の手入れが必要となっており、ネイルサロンでは自爪だけでなく甘皮のケアから始めるところもあり、スカルプを長持ちさせるためには自爪の手入れが重要なポイントとなるのは間違いありません。 また一般的にスカルプに使われるプライマーは、傷があるとしみますのでその点でもケアは欠かせないものとなっています。


スポンサードリンク

スカルプのやり方で大切な自爪の手入

スカルプのやり方で大切な自爪の手入れですが、まずは爪の付着物(ネイルや油分)をアルコールなどで完全に取り去り、ファイルでエッジを整え、自爪の表面を少しだけ削ります、これはアクリルの接着を良くするために重要なポイントとなります。 削りカスをきれいに取り去り(これもアクリルの接着に影響します)、プライマーを爪だけに少量塗ります(前述の通り皮膚に付けるとしみる事があります)。 その後のスカルプのやり方は、使用するアクリルに記載してある説明通りに行うのがベストですが、スカルプのやり方でポイントとなるのは、爪の長さを出す為の工程では長さ出しの為に使用するフォームがしっかりと固定されているかどうかという点と、アクリルが乾いた後のファイルをいかに丁寧に行えるかという点です。 あとは記載されているスカルプのやり方を参考にすれば必ず上手にできるでしょう。

アクリルのスカルプは安い?高い?

アクリルのスカルプは安い?高い?かと言われると、スカルプのアクリルネイル(セット)は若干値段が高いのが痛いです。 ですのでアクリルのスカルプの安いものを探される方もいらっしゃいますが、あまり安すぎると不安になったりもしますよね。

スポンサードリンク