ベビーマッサージのやり方・方法

ベビーマッサージのやり方・方法を紹介します。言葉を言えない赤ちゃんにとって、ママやパパと肌で触れ合う事はうれしいものであり、またベビーマッサージは赤ちゃんの感覚機能や発育にもいい影響をもたらしてくれるものでもあります。 大人のマッサージとは大きく趣旨が違うベビーマッサージですが、やり方にも違いがあり、大人と同じ様にやってはいけません。 ベビーマッサージのやり方は、1回10〜15分、肌をいたわるためにベビーオイルをたっぷり使って行う事、やさしく手のひらでゆっくり、赤ちゃんのその時点での姿勢から始める、泣いたらマッサージをやめて抱っこして落ち着かせてあげるなどがベビーマッサージの大体のやり方です。 基本的にベビーマッサージのやり方は肌のふれあいに重点を置いており、あくまでもコミュニケーションとして行いますので、大人が受けるマッサージのように強く行う必要も無いですし、ツボなどの知識も不要ですので、とにかくやさしくタッチして、さすってあげるように行えば大丈夫です。


スポンサードリンク

ベビーマッサージの効果

ベビーマッサージの効果について。 赤ちゃんは身体を触られると感情が表情に表れ、マッサージする場所によってケタケタ笑ったり、場合によっては怒ったりもしますので、ベビーマッサージを通して赤ちゃんを観察する事もママとして重要な事です。 ちなみにこのベビーマッサージのやり方はともかく、ベビーマッサージの開始時期や終了時期が気になる方もいらっしゃると思いますが、開始時期も終了時期も特に制限は無く、生後まもなく行ってもOKですが、できれば首が座ってから行う方がママにとっては安心かもしれませんね。 ベビーマッサージはコミュニケーションの一つと捉えてもいいですので、赤ちゃんに限らず、お子さんが小さいうちは行ってもいいですし、むしろお子さんが嫌がらなければ続けていくほうが親子のコミュニケーションができていいと思います。

ベビーマッサージ

ベビーマッサージは世田谷や江東区、足立区などや、 神奈川の横浜、神戸、富山や福岡などの地域にもどんどん広がっていますね。 ベビーマッサージによって親子のコミュニケーションはとても大切ですので、是非実践していただきたいですね。

スポンサードリンク